2020.3.8 05:02

DeNA・オースティン、ハマスタ初陣で逆転V弾!連続三振→きっちり修正

DeNA・オースティン、ハマスタ初陣で逆転V弾!連続三振→きっちり修正

逆転3ランを放って生還するオースティン(右)と、出迎えるソト(左)。強力な助っ人コンビだ (撮影・斎藤浩一)

逆転3ランを放って生還するオースティン(右)と、出迎えるソト(左)。強力な助っ人コンビだ (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 (オープン戦、DeNA4-2ソフトバンク、7日、横浜)またもパワーが炸裂(さくれつ)した!! DeNAの新外国人、タイラー・オースティン内野手(28)=前ブルワーズ=が7日、今季の本拠地初試合となったソフトバンク戦で、六回に決勝の4号3ランを放った。

 「どんなときもチームの勝利につながる一本を打ったときは最高の気分なので、気持ちよかった」

 2点ビハインドの六回2死一、二塁。ソフトバンク2番手、松田遼が投じた143キロの外角直球を無人の左中間スタンドに突き刺した。

 1、2打席目は東浜に対して、低めのボール球に手を出し、連続三振。メジャー通算33本塁打の大砲は「打つべき球を打ち損じた結果、悪い球を追いかけてしまった」ときっちり修正した。オープン戦4発は12球団で単独トップだ。

 左翼後方に「ウィング席」が増設されるなど、改装された横浜スタジアムでの初陣。本来は新エリアが報道陣に公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大で中止となった。満員が予想されたスタンドも無観客。新助っ人は「すごくいい球場。ここにファンのみなさんが来たら、違う雰囲気にもなると思うので、さらに楽しみ」と前向きに捉えた。

 オースティンの逆転弾で、チームの連敗は4でストップ。ラミレス監督も「直球がストライクにきたら、まずミスすることはない」と全幅の信頼を寄せた。恐怖の2番打者が、新打線を引っ張る。(浜浦日向)

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ

  • 逆転3ランを放つDeNA・オースティン=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • レフト側スタンドに「ウィング席」が新設された横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • 6回逆転3ランを放ち生還するDeNA・オースティン=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)
  • DeNA・ラミレス監督(左)と勝利のタッチをかわしたオースティン=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)