2020.3.7 20:06

DeNA・オースティン初ハマスタで決勝3ラン「すごくいい球場」

DeNA・オースティン初ハマスタで決勝3ラン「すごくいい球場」

6回、逆転3ランを放ちタッチをかわすDeNA・オースティン=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

6回、逆転3ランを放ちタッチをかわすDeNA・オースティン=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 DeNAのタイラー・オースティン内野手が7日、本拠地・横浜スタジアムでの今季初戦となるソフトバンクとのオープン戦に「2番・右翼」で出場。六回にハマスタ1号となる決勝3ランを放った。

 「どんなときもチームの勝利につながる一本を打ったときは最高の気分なので、気持ちよかった」

 ソフトバンクの開幕投手に内定している東浜の前に、外角低めボール球の変化球に手が出て、まずは2打席連続三振に倒れた。

 打線も沈黙する中、0-2で迎えた第3打席。六回2死一、二塁。追い込まれてから苦しめられてきた低めの変化球をしっかりと見逃し、フルカウントからの7球目、松田遼の低めの直球を完璧にとらえ、オープン戦単独トップをひた走る4号を無人の左中間スタンドへ突き刺した。

 新型コロナウイルス感染拡大のため無観客となったが、初めての横浜スタジアムでの試合を「すごくいい球場。ここにファンのみなさんが来たら違う雰囲気にもなると思うので、さらに楽しみ」と笑顔で振り返った。