2020.3.7 13:12

DeNA、4・24~26巨人戦「GIRLS☆FESTIVAL」の特別ユニホーム発表

DeNA、4・24~26巨人戦「GIRLS☆FESTIVAL」の特別ユニホーム発表

スペシャルユニホームを発表する左からdianaのMaho、DeNA・伊藤裕季也、神里和毅、dianaのFuka=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)

スペシャルユニホームを発表する左からdianaのMaho、DeNA・伊藤裕季也、神里和毅、dianaのFuka=横浜スタジアム(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 DeNAは7日、4月24~26日の巨人3連戦(横浜)を対象に行う女性向けイベント『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL 2020 Supported by ありあけハーバー』において、女性客が着用するスペシャルユニホームのデザインを発表した。

 この日の試合前に行われた、スペシャルユニホーム発表会に参加した伊藤裕季也内野手は「ベイスターズらしい青色が基調で、女性らしい爽やかな印象のユニホームだと思う。このスペシャルユニホームを女性の皆さんに着ていただいて、スタンドから応援していただくと、闘争心がわいてくる」とコメント。同じく神里和毅外野手は「勝利の喜びをチームメートやファンと分かち合うときは、ハマスタが魔法にかかったように最高潮に盛り上がる。1人でも多くの女性に観戦にきてもらえたらうれしい」と呼びかけた。

 『YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVAL』は、2015年から開始し、女性の来場者に毎年異なるデザインのスペシャルユニホームをプレゼントするなど、女性に特化した企画を実施するスペシャルイベント。今年のテーマは、「B☆MAGIC」。横浜スタジアムを訪れた方に、まるで魔法にかけられたような、楽しい気分を味わっていただきたいという思いが込められている。

 スペシャルユニホームも、魔法にかかったような楽しさを表現。横浜ブルーを基調にアクセントとしてピンクを加え、メリハリあるカラーリングで楽しさを演出している。トップスと重ね着しても合わせやすく、裾はふんわりと前から後ろにかけて丈を長めにし、女性のシルエットをかわいらしく引き立てる。 

 今年も、女性に親しまれている横浜銘菓「ありあけハーバー」を製造する株式会社ありあけがイベントパートナーに就任。パートナー決定に伴い、女性限定スペシャルユニホームは、ありあけ本館をはじめとする横浜市内を中心とした直営店女性スタッフも着用し、イベントを盛り上げる。