2020.3.1 17:27

日大・赤星が2回無失点、仲村監督「先発のメドが立った」/東都

日大・赤星が2回無失点、仲村監督「先発のメドが立った」/東都

日大・赤星優志投手は、日体大とのオープン戦に4番手で登板し、2回無安打2三振無失点(撮影・赤堀宏幸)

日大・赤星優志投手は、日体大とのオープン戦に4番手で登板し、2回無安打2三振無失点(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東都大学野球リーグの日大は1日、千葉・習志野市のグラウンドで首都大学リーグの日体大とオープン戦を行い、5-1で勝利した。一回に5本の長短打と犠打、野選などで5点を先行し、5投手の継投で5安打1失点に抑えた。

 仲村恒一監督は、「(4番手の)赤星優志投手(新3年)は、春のリーグ戦で先発のメドが立ったが、他はもっとやってほしい」と148キロの直球を中心に七、八回を無安打2三振無失点に抑えた右腕・赤星の好投には及第点を与えた。