2020.2.23 17:43

2回3失点の阪神・藤浪、生き残りへ決意「結果を出していかないといけない立場」

2回3失点の阪神・藤浪、生き残りへ決意「結果を出していかないといけない立場」

5回、広島・野間に死球を与え押し出しにする阪神・藤浪=コザしんきんスタジアム(撮影・宮沢宗士郎)

5回、広島・野間に死球を与え押し出しにする阪神・藤浪=コザしんきんスタジアム(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 (オープン戦、広島14-2阪神、23日、沖縄・コザ)四回から2番手で登板した阪神の藤浪は押し出し四死球があり、2回を3失点。「ボールが先行した。球種をたくさん投げられたのは良かったが、いい結果が出なかった」と悔しがった。

 連打でピンチを招いた五回は1死後に四球で満塁を背負い、上本には最初からボールが続いた末に四球。左の野間には初球を当ててしまった。

 昨季は勝ち星なしに終わり、今キャンプでは手首を立てて投げることを意識するなど、試行錯誤してきたが、オープン戦初登板では成果を示せなかった。「結果を出していかないといけない立場。反省して次につなげたい」と生き残りへ決意を口にした。

試合結果へオープン戦日程へ順位表へ