2020.2.22 10:00(1/2ページ)

【挑む男】日本ハム・西川、新キャプテンとして挑むプロ10年目…2020年は人生の分岐点

【挑む男】

日本ハム・西川、新キャプテンとして挑むプロ10年目…2020年は人生の分岐点

特集:
挑む男
新キャプテンの西川は今季を人生の分岐点と位置づけた

新キャプテンの西川は今季を人生の分岐点と位置づけた【拡大】

 12球団のキーマンに迫るインタビューの第10回は、日本ハム・西川遥輝外野手(27)。新キャプテンとして、プロ10年目のシーズンに挑みます。主将に指名された経緯や新たな改革、体のケアの方法、メジャー挑戦の思いなどを語った。 (取材構成・山口泰弘)

 --新キャプテンとして過ごすキャンプは

 「まず、これだけ調整を任されてキャンプを送るのは初めて。『自分のペースで調整をやってくれ』といわれた。今後も、より責任感を持ってやっていければ」

 --4月に28歳になる。けがをしない体づくりを掲げる

 「(練習後の)ケアをしっかりとしてもらっている。朝は、今日(取材時の8日)も午前5時前に起きて、準備をした上で練習に臨んでいる。けがをしたら仕方ない。後悔だけはしないようにしている」

 --栗山監督からキャプテンに指名された

 「任命されたからにはチームのこともしっかりと見ていきたい。勝つために何ができるかについては、キャプテンではない立場のときも常々、考えていた。私生活も大事にしたい」

 --西川選手がミーティングで話す内容は

 「一番は『いつクビになってもいいくらいにやりきって、後悔のない野球人生にしてくれ』と。引退したときに『あのときに、ああやっておけばよかった』と思ってほしくない」

 --選手としては節目のプロ10年目。通算1000安打までは残り1本

 「そこは全然、意識していない。ずっと試合に出られれば、いずれ達成できる。それよりも一つの勝利が大きなプラス。もちろん、自分のヒット、ホームランで勝てる試合が多ければ多いほどいいけれど。野手だけじゃなく投手もサポートしていきたい」

【続きを読む】