2020.2.21 05:03(1/2ページ)

阪神・エドワーズ、初対外試合1回0封デビュー!他球団スコアラー混乱「あれは変化球?」

阪神・エドワーズ、初対外試合1回0封デビュー!他球団スコアラー混乱「あれは変化球?」

五回から登板したエドワーズ。007は混乱した

五回から登板したエドワーズ。007は混乱した【拡大】

 春季キャンプ練習試合(20日、阪神9-1楽天、沖縄・宜野座)今の球種は? 阪神の新外国人、ジョン・エドワーズ投手(32)=前インディアンス3A=が20日、楽天戦の五回に登板。初の対外試合をわずか8球で打者3人で封じた。直球は微妙に変化し、150キロから139キロと球速差は11キロ。乗り込んだ他球団のスコアラー陣は大パニックとなった。

 宜野座のネット裏がざわついた。偵察に訪れた他球団のスコアラーたちが「あれは変化球?」と頭を抱えだした。わずか8球。しかも、6球が直球だった。対外試合初登板のエドワーズが、007をも大混乱させた。

 「きょうはストレートがカットするような回転になっていた。でも、うまく動いてくれた。これからも(特性を)生かしていきたい」

 5-1の五回にマウンドへ。先頭の藤田から辰己、鈴木大と3者連続で内野ゴロに仕留めた。エドワーズは「打ち取った球は直球」だと明かしたが、辰己への球は139キロ。鈴木大の球はこの日最速の150キロだった。同じ握りで同じ腕の振りであるにも関わらず、その差11キロ。これに慌てたのはスコアラー陣だ。

【続きを読む】