2020.2.21 05:00(1/3ページ)

【虎のソナタ】元気な虎が病み上がりデスクを歓迎!?

【虎のソナタ】

元気な虎が病み上がりデスクを歓迎!?

特集:
虎のソナタ
四回に高山がソロ本塁打。見どころ満載で、サンスポ編集局も大忙しだ

四回に高山がソロ本塁打。見どころ満載で、サンスポ編集局も大忙しだ【拡大】

 春季キャンプ練習試合(20日、阪神9-1楽天、沖縄・宜野座)この日の宜野座はいささか騒々しかった。

 そりゃあもちろん、矢野阪神の連日、ファン心理をゆさぶるタクトが猛虎党の琴線にふれるからだが、天気もいいし、第一、試合の中身がこれまた濃厚でした。それは紙面でタップリとどうぞ。

 話は飛ぶが、私めがまだ出始めの頃、浅草から屋形船に乗って、隅田川をゆらりゆらりと楽しんだ経験があります。アレってとても狭い船でお隣さんとくっついて鍋や料理をつつき、川面の花火に歓声をあげて、風情のあるものでした。最近の新型コロナウイルスによる肺炎騒動では、そうはいかない。たとえばズラリと並んだ電話ボックスみたいに分断されたガラス張りのボックスのなかで一人手酌でやっていては、風情もなにもあったもんじゃない。

 この日のかりゆしホテルズボールパーク宜野座の記者席では、最上段で編集委員上田雅昭が神妙な顔でスコアブックに向かっていた。というのも、阪神も楽天も元気ハツラツのぶつかり稽古だから、選手が次から次へと出てくるわけだ。上田のようなベテランでないと“スコアラー”は務まらない。だからそれこそ必死のパッチなのだ。

【続きを読む】