2020.2.20 05:04(1/3ページ)

阪神・ボーア、怒とう6連発デモ!断言「ボール見えている」

阪神・ボーア、怒とう6連発デモ!断言「ボール見えている」

ランチタイムの特打で17本の柵越えを放ったボーア。実戦3試合目で爆発の予感だ(撮影・宮沢宗士郎)

ランチタイムの特打で17本の柵越えを放ったボーア。実戦3試合目で爆発の予感だ(撮影・宮沢宗士郎)【拡大】

 阪神春季キャンプ(19日、沖縄・宜野座)大爆発の予カ~ン!! 阪神のジャスティン・ボーア内野手(31)=前エンゼルス=が19日、ランチタイムの特打で6連発を含む柵越え17本と快音をとどろかせた。20日に今キャンプ3度目の対外試合となる楽天戦(宜野座)に出場。ここまでの2試合で4打数無安打と影を潜めているB砲だが、いよいよメジャー通算92発の本領を発揮する。

 1つ、2つ、3つ…。打球が大きな弧を描き、次々とはるか遠くへ消えていく。ボーアが放った衝撃の6連発-。最初はまばらだった虎党の歓声も、次第に大きくなって熱を帯びた。その姿はまるでピンポン玉を打っているよう。これがメジャー通算92発の実力だ。

 「ボールはしっかり見えているよ。これからもっと目を慣らして、調整していくだけだね」

 恒例となったランチ特打。悠々と打席ケージへ入った。この日の“第1号”は9スイング目。右翼席中段まで運ぶと、続く10スイング目は、右中間へ。2打席連発にどよめく宜野座だったが、B砲はこれだけで終わらない。さらに右中間へ2本続けると、13スイング目で再び右翼席へ。最後は右中間へのアーチで締め、6連発を達成だ。

 中盤は打撃投手に外角球を要求。逆らわずはじき返し、左翼席にほうり込んだ。広角に打ち分けながら、65スイングで描いたアーチは17本と圧巻の一言。意気揚々とケージを後にするボーアにスタンドからは「頼むで!」と、期待に満ちた声が飛んだ。

【続きを読む】