2020.2.19 08:00

【若松勉 キャンプCHECK】指揮官期待のヤクルト・石川&小川、しっかりアピール

【若松勉 キャンプCHECK】

指揮官期待のヤクルト・石川&小川、しっかりアピール

ヤクルト・小川泰弘 =ANA SPORTS PARK 浦添(撮影・長尾みなみ)

ヤクルト・小川泰弘 =ANA SPORTS PARK 浦添(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 春季キャンプ練習試合(18日、ヤクルト1-0DeNA、沖縄・浦添)2人とも順調に調整していると感じたよ。DeNAとの練習試合に登板したヤクルト・石川と小川のことだ。

 石川は先発して2回を2安打無失点。一回2死一、三塁でロペスを迎えた。高めに抜ければ長打を浴びる場面で、変化球を低めに制球。右飛に仕留め、ベテランの味をしっかりと出した。

 一方の小川は2回を無安打無失点。印象的なシーンは三回2死一塁。昨季まで2年連続本塁打王のソトを迎え、思い切って内角を突いた。こちらも一歩間違えれば痛打されるところで、三ゴロに打ち取った。

 高津監督はこの2人に先発陣の中心として期待している。両投手も意気に感じて、このキャンプでもしっかりとアピールしているよね。

 外国人投手は4人が在籍し、大卒新人の投手は3人が加わった。リリーフ陣では2018年に35セーブを挙げた石山が復活すれば、高津監督もゲームプランを立てやすいだろう。打線はある程度、計算できる。投打がかみ合えば、優勝争いができるはずだ。 (サンケイスポーツ専属評論家)

キャンプ日程へ

  • ヤクルト・石川雅規=ANASPORTSPARK浦添(撮影・長尾みなみ)