2020.2.15 08:00

【上田二朗 サブマリン斬り】重い球、回転数生む阪神・エドワーズの指の強さ

【上田二朗 サブマリン斬り】

重い球、回転数生む阪神・エドワーズの指の強さ

特集:
上田二朗 サブマリン斬り
阪神・エドワーズ

阪神・エドワーズ【拡大】

 阪神春季キャンプ(14日、沖縄・宜野座)エドワーズは球に力がある。長身で上からたたき込んでくるので、打者は打ちにくいだろう。

 力のある球を生んでいるのが、指の強さだ。球を切る力、という言い方もできる。指先でどれだけ球に回転を与えられるか。最後の押し込みがあるから、重い球と鋭い変化球が投げられる。

 コントロールもいい。左足をあまり高く上げず、腰のひねりも少ない。下半身を思い切り使わないので、体の軸がブレない。リリースポイントの安定につながっている。投球というのは、一般的に腕の遠心力で球が外に逃げようとする動きになる。それをいかに抑えて球に力を伝えるかだが、エドワーズはしっかり指で球を噛んでいるので制球が大きく狂わない。

 昨季活躍したジョンソンとタイプは似ているが、直球のパワーはエドワーズの方が上だろう。変化球に関してはもっと実戦で見ていきたい。ポスト・ジョンソンとして期待が高まる。 (サンケイスポーツ専属評論家)

キャンプ日程へ