2020.2.15 05:02

ロッテD1・佐々木朗、捕手座らせ33球!15日にも2度目ブルペン

ロッテD1・佐々木朗、捕手座らせ33球!15日にも2度目ブルペン

特集:
2020新人情報
キャッチボールを終えて吉井投手コーチ(手前)と話をする佐々木朗 (撮影・今野顕)

キャッチボールを終えて吉井投手コーチ(手前)と話をする佐々木朗 (撮影・今野顕)【拡大】

 春季キャンプ練習試合(14日、広島5-4ロッテ、コザしんきんスタジアム)ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=大船渡高=が14日、沖縄市のコザしんきんスタジアムの室内練習場でキャッチボール。マウンドではない平坦(へいたん)な場所で、初めて相手を座らせて33球を投じた。

 軽めの腕の振りながらミットの音を響かせた。本来は前日13日にブルペンで捕手を立たせたまま行った初の投球練習より、先にこなすはずのメニューだったという。

 最速163キロ右腕の今後について吉井投手コーチは「強度が上がってきているので日々、変わると思う」と説明。15日の状態次第では、2度目のブルペン入りを果たす可能性がある。 (石井孝尚)

キャンプ日程へ

  • 佐々木朗(奥)は平地で、前里ブルペン捕手を相手に強めに投球した
  • 佐々木朗希
  • バッテリー間距離のキャッチボールをするロッテ・佐々木朗=沖縄県コザしんきんスタジアム(撮影・今野顕)