2020.2.14 05:04(1/3ページ)

阪神・ボーアが驚弾!逆風切り裂き右中間、底知れぬ…「80%」でこのパワー

阪神・ボーアが驚弾!逆風切り裂き右中間、底知れぬ…「80%」でこのパワー

内角球に対応するボーア。逆風を切り裂き、右中間にたたき込んでみせた(撮影・松永渉平)

内角球に対応するボーア。逆風を切り裂き、右中間にたたき込んでみせた(撮影・松永渉平)【拡大】

 阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)逆風、関係なし! 阪神のジャスティン・ボーア内野手(31)=前エンゼルス=が13日、3度目のシート打撃に参加。8割の力ながら風をも切り裂く、強烈なスイングで右中間へ“来日第2号″を放った。15日の広島戦(宜野座)に臨む予定。セ界を揺るがす衝撃の初陣へ-。B砲の出撃準備が整った。

 強烈な向かい風も、B砲にとっては、そよ風と同じだった。打った瞬間、スタンドインを確信する打球が、右中間の芝生席へ着弾。虎党の大歓声を背に、悠々とダイヤモンドを一周したボーアがさらにびっくり、仰天発言だ。

 「80%くらいの力なんだけど、すごくよかったね。あまり思い切り振るというのは今までやったことがないんだ。80%のちょうどいい(力)加減でホームランを打つ。きょうはいい感覚で振れたよ」

 中堅からホーム方向へ強烈な逆風が吹いていた。自身3度目のシート打撃。1打席目は四球とし、迎えた2打席目。カウント1-2から秋山の138キロ直球に反応した。快音を残し、打球は風を突き破る。「風の計算もしていたし、打った瞬間いったと思ったよ」。これでフルパワーでないとは、驚くばかり。メジャー通算92発の怪力を、遺憾なく発揮した“来日2号”だった。

 3度の実戦形式で5打数4安打2本塁打と大爆発。さらに、新たな“強み”も垣間見えた。

【続きを読む】

  • 球場全景=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・松永渉平)
  • シート打撃で本塁打を放つ阪神・ボーア=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・水島啓輔)