2020.2.14 05:03(1/2ページ)

阪神・西勇、開幕投手へオレ流調整!13日登板自ら指定 手応え58球被安打6

阪神・西勇、開幕投手へオレ流調整!13日登板自ら指定 手応え58球被安打6

初めてフリー打撃に登板した西勇。オレ流調整で開幕へ順調だ(撮影・水島啓輔)

初めてフリー打撃に登板した西勇。オレ流調整で開幕へ順調だ(撮影・水島啓輔)【拡大】

 阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)阪神・西勇輝投手(29)が13日、フリー打撃に登板。今キャンプで初めての打者との対戦だったが、58球を投げて安打性は6本。自ら日にちを指定しての打撃投手だったことを明かし、本命視される3月20日のヤクルトとの開幕戦(神宮)へ、オレ流で調整を進める。

 逆算する開幕へ、自分が思い描くプラン通りに調整を進めている。西勇が初めてのフリー打撃登板で安打性6本。時折、白い歯ものぞかせ、手応えを感じながら投球を終えた。

 「全然。もうちょっとかな。でも、(打者に)投げたというのは大きいし、順調にきているかな」

 いきなり糸井、福留、マルテ、サンズ、ボーアという主力級との対戦も「全然。そういうことは何も」と、自分のことに集中していた。真っすぐのみで58球。シーズン同様にプレートの一塁側を踏み、打者の反応を探るように内外角へ。柵越えは1本も許さなかった。

 開幕の筆頭候補で“オレ流”での調整を任されている。9日には今キャンプ最多の200球を投げ込み、この日の打撃投手も自らが指定。「自分のやるべきこととかやりたいことは決まってくる。目的を持ってやりたい」。午後には「目慣らし」と、ブルペンで投球する秋山の打席にバットを手に入った。

【続きを読む】

  • ランチ特打で糸井嘉男と対戦する阪神・西勇輝=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・宮沢宗士郎)
  • ランチ特打で福留孝介と対戦する阪神・西勇輝=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・宮沢宗士郎)
  • 打撃練習で投球する阪神・西勇=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・水島啓輔)
  • 打撃練習で投球する阪神・西勇=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・水島啓輔)