2020.2.14 05:02

阪神D1・西純&D3及川、本格投球開始!5度目ブルペン

阪神D1・西純&D3及川、本格投球開始!5度目ブルペン

特集:
2020新人情報
ブルペンでそろって初めて本格投球する西純(左)と及川

ブルペンでそろって初めて本格投球する西純(左)と及川【拡大】

 阪神2軍春季キャンプ(13日、高知・安芸)阪神2軍キャンプが第3クールを迎え、ドラフト1位・西純矢投手(18)=創志学園高=と3位・及川雅貴投手(18)=横浜高=がそろって5度目のブルペン入り。初めて捕手を座らせると、ともにワインドアップから、力強いボールを投げ込んだ。

 最高気温24度まで達した安芸を、左右の“未来のエース”が、さらに熱くした。西純と及川が、ともに5度目のブルペン入り。初めて捕手を座らせて、オール直球で本格的な投球を開始した。

 「(捕手が座ると)全然違う。力んでしまいました。次(第3クール最終日に予定)は反省を生かしたいです」

 29球の西純は苦笑いも、第1クールに山本昌臨時コーチに指導を受け「フォームがよくなったと思う」と手応えも。一方、キャッチボールではよくなかったという及川は30球。「投手としてスイッチが入ったかな。いい感覚で投げられました」と汗を拭った。

 平田2軍監督は「西はちょっと力んだね。及川の方がよかった。でも2人とも見応えがあるよ」と大きくうなずいた。

 ともに大きく振りかぶる投法。「小学校からです。広島時代の前田健太さんを見て。このスタイルは変えたくない」と西純。最近では少なくなったワインドアップに、本格派の予感がさらに漂った。 (堀啓介)

ブルペンで60球を投げ、初めてチェンジアップなど変化球を投げた阪神D6位・小川(東海大九州)「カウント3-2から頼れるボールを増やしたい。それが課題です」

キャンプ日程へ

  • ブルペンで投球練習を終え笑顔の阪神・西純=安芸市営球場(撮影・門井聡)
  • ブルペンで投球練習する阪神・及川=安芸市営球場(撮影・門井聡)
  • ブルペンで投球練習する及川(右)を見る阪神・平田2軍監督=安芸市営球場(撮影・門井聡)