2020.2.14 05:01

阪神・シーツ駐米スカウト、虎合流即助っ人サポート 日本での新生活様子確認

阪神・シーツ駐米スカウト、虎合流即助っ人サポート 日本での新生活様子確認

合流したシーツ駐米スカウト(中央)は選手らに笑顔であいさつ

合流したシーツ駐米スカウト(中央)は選手らに笑顔であいさつ【拡大】

 阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)阪神のアンディ・シーツ駐米スカウト(48)が春季キャンプに合流。さっそくグラウンドに出て、新外国人選手をサポートした。

 「会えてよかったよ。(ボーアとサンズは)2人とも日本に来るのを楽しみにしていたからね」

 ランチ特打の前に、サンズと5分以上に渡って話し込んだ。ボーアも含めて「『いま、どう過ごしているの』とね。日本の投手の話とかは、また今後」と新生活の様子を確認した。

 2005年の優勝に貢献した助っ人の先輩。成功の鍵を「日本にきたから何か変えるのではなく、向こうでやってきたことを続けること」と語り、約2週間の後方支援を開始した。

キャンプ日程へ

  • 同じ駐米スカウトのウィリアムス氏(中)とも話をした