2020.2.14 05:00

【矢野監督 必死のパッチトーク】馬場は「腕しっかり振れて前回より前に進んでる」

【矢野監督 必死のパッチトーク】

馬場は「腕しっかり振れて前回より前に進んでる」

 阪神春季キャンプ(13日、沖縄・宜野座)

 --ボーアがシート打撃で本塁打

 矢野監督「追い込まれている中で、あれだけアゲンスト(逆風)が強い中でもしっかり放り込めるパワーと、また追い込まれて打ったというところに価値があるのではと思う」

 --ボーアの内角の対応力は

 「その辺の対応ってまだ分からへんやん。まだまだこれから対戦していく中で、見えてくるというか。どうせインサイドと縦の変化なんかは絶対に使われるわけやん、高めのまっすぐと。この1本でどうですか、という感じはないよ。永遠のテーマだから」

 --前のクールで指導していた馬場は

 「うん、まあ強いストレートを投げるのは本人も意識していたと思うし、腕もしっかり振れて、バッターを打ち取ってる感覚というか見てても前回より前に進んでる感じはあったと思う」

 --シーツ駐米スカウトが合流した

 「投手の方はジェフ(ウィリアムス)の話を聞ける機会はあるけど、野手はアンディ(シーツ)が来てくれて経験を話してくれたら安心感はあると思うしね。野球以外のこともアドバイスしてくれると思うんでね。外国人選手にとっては、話し相手がいて頼もしく思うしね。先輩として、いいアドバイスもくれると思うんで」

キャンプ日程へ