2020.2.14 05:03(1/2ページ)

筒香、メジャー1年目ドタバタ出発も不動心 経由地シカゴ豪雪でフライト大幅遅延

筒香、メジャー1年目ドタバタ出発も不動心 経由地シカゴ豪雪でフライト大幅遅延

特集:
筒香嘉智
羽田空港に到着した筒香。一旦帰宅し、黒のジャージー姿で再登場した (撮影・桐原正道)

羽田空港に到着した筒香。一旦帰宅し、黒のジャージー姿で再登場した (撮影・桐原正道)【拡大】

 DeNAから米大リーグ、レイズに移籍した筒香嘉智外野手(28)は13日、羽田空港発の全日空機で渡米した。経由地シカゴの豪雪により、出発が約4時間半遅れるアクシデントがあったが無事に出発。日本が誇る通算205本塁打の大砲は外野、三塁用のグラブに加え、ファーストミットも持参し、万全の態勢で新天地へ旅立った。レイズの野手組は18日(日本時間19日)にキャンプインする。

 真っ白なシャツで出発ロビーに現れた筒香は、晴れ晴れとした表情で新たな戦いへの思いを募らせた。

 「すごく順調にきている。アメリカにいっても焦らず、慌てずにやっていきたい。日本にいるときと変わらず、チームの勝利のために全力でやっていきたいと思います」

 挑戦を前に芯はぶれない。2015年、DeNAの春季キャンプで臨時コーチを務めた元ヤンキースの松井秀喜氏に授けられた“不動心”の心構えを胸に、海を渡った。

 思わぬトラブルにも“不動心”で対応した。当初、午前10時25分発の航空機で羽田空港から飛び立つ予定だったが、経由地シカゴの豪雪の影響で大幅に遅延。足止めを食う事態に見舞われた。

【続きを読む】

  • 大幅に遅延したシカゴ行きの全日空便に乗り込むレイズの筒香嘉智=羽田空港(撮影・桐原正道)
  • シカゴ空港が大雪の影響でフライトが大幅に遅れることが分かり、関係者の運転する車で羽田空港からいったん帰宅するレイズの筒香=羽田空港(撮影・桐原正道)
  • 羽田空港で報道陣の取材に応じるレイズの筒香=羽田空港(撮影・桐原正道)