2020.2.14 10:00(1/4ページ)

【挑む男】西武・森、捕手として打者として「日本一」の選手会長に

【挑む男】

西武・森、捕手として打者として「日本一」の選手会長に

特集:
挑む男
ノックバットで打ち込む森。さらなる飛躍を目指す (撮影・荒木孝雄)

ノックバットで打ち込む森。さらなる飛躍を目指す (撮影・荒木孝雄)【拡大】

 12球団のキーマンに迫るインタビューの第4回は西武・森友哉捕手(24)。新選手会長として臨むプロ7年目の“打てる捕手”がリーダーとしての覚悟、リーグ3連覇への熱い思いを打ち明けた。昨季は捕手として1965年の野村克也さん以来、パ・リーグでは54年ぶり2人目となる首位打者(打率・329)に輝き、最優秀選手も受賞。野村さん以来となる捕手での三冠王の期待がかかる今季も、攻守でチームを力強く引っ張る。 (取材構成・樋口航)

 --仕上がり具合は

 「順調だと思います。でも、全身筋肉痛。自主トレで結構追い込んでやってきたつもりだったけど、ユニホームを着れば、また違う疲れがある」

 --選手会長に就任し気持ちに変化は

 「特別変わることはないけど、去年はシーズンを通してキャッチャーで出たので、その経験を生かせればいい」

 --人前で話す機会が増えたのでは

 「しゃべることだけが嫌ですね。それは源さん(新主将の源田)に代わってほしい。慣れることはない。まだ野球をやっている方が緊張はしないです」

【続きを読む】

  • 森友哉の年度別打撃成績
  • 昨年6月…試合前にあいさつ
  • 西武・森友哉=日南市南郷町の南郷スタジアム(撮影・荒木孝雄)
  • 色紙には力強く「3連覇」=日南市南郷町の南郷スタジアム(撮影・荒木孝雄)