2020.2.15 12:00

【ダッグアウトの裏側】レッドソックスが“チームの顔”ベッツを放出 高まる「フランチャイズ・プレーヤー」の希少価値

【ダッグアウトの裏側】

レッドソックスが“チームの顔”ベッツを放出 高まる「フランチャイズ・プレーヤー」の希少価値

特集:
ダッグアウトの裏側
ベッツ

ベッツ【拡大】

 プロスポーツの世界では、入団から引退まで同一球団に所属した選手を「フランチャイズ・プレーヤー」と呼ぶ。先月、米野球殿堂入りしたヤンキースのデレク・ジーター氏が代表例。移籍が多い近年の米大リーグでは、まれな存在だ。

 その数少ない候補の1人だったレッドソックスのムーキー・ベッツ外野手(27)が10日(日本時間11日)、ドジャースにトレードされた。当初はツインズとの三角トレードと報じられたが、両球団の交渉でまとまった。

 ベッツが名実ともに「チームの顔」になったのは2018年だった。首位打者を獲得して、ア・リーグのMVPやゴールドグラブ賞も受賞。5年ぶり世界一の原動力になった。今年1月には、年俸調停の権利を持つ選手の単年契約では最高額となる2700万ドル(約30億円)でサインしたばかりだった。

 ベッツ放出の要因になったのが贅沢税だ。レ軍は昨年も約1200万ドル(約14億円)を支払っており、オーナーらは今季のチーム総年俸を贅沢税の対象とならない2億800万ドル(約230億円)以内に抑えると明言。ベッツは今季終了後にフリーエージェントになることもあり、トレードの噂が絶えなかった。

 それでも、走攻守の三拍子がそろっている上にファンの人気も高い「フランチャイズ・プレーヤー候補」を放出するとは思っていなかった。選手を評価する指数「WAR」では、レ軍在籍時(1914-19年)のベーブ・ルースより上。ボストンでは「ルースのヤンキース放出に並ぶ失敗トレード」という批判の声まで上がっている。

 今後は、さらにフランチャイズ・プレーヤーの希少価値が高まるだろう。エンゼルスのマイク・トラウト(28)、ヤンキースのアーロン・ジャッジ(27)両外野手とともに、ベッツにはその可能性があっただけに、レ軍ファンの深い喪失感は理解できる。

 ■田代 学(たしろ・まなぶ) サンケイスポーツ編集局次長。1991年入社。プロ野球や五輪担当などを経て、2001年から13年11月まで米国駐在の大リーグ担当キャップ。全米野球記者協会の理事や、13年ワールドシリーズの公式記録員を日本人記者で初めて務めた。米国での愛称は「ガク」。