2020.2.11 11:30

谷繁元信氏が野村さんを追悼、同じ捕手出身「イヤな監督。すべてもてあそばれた」

谷繁元信氏が野村さんを追悼、同じ捕手出身「イヤな監督。すべてもてあそばれた」

谷繁元信氏

谷繁元信氏【拡大】

 中日元監督の谷繁元信氏(49)が11日、野村克也さん(享年84)の訃報に際し、中日のキャンプ地・北谷公園野球場で取材に応じた。

 「先月、金田(正一)さんのお別れの会の時に車いすで来られて弱っているような感じはしたけど、そういう姿を見ていたので(訃報を聞いて)『え?』っていう感じがしました。野村さんはすごく野球を愛した方なのでそういう思いを受け継いで後輩たちに、同じポジション、キャッチャーというものとか、いろんなものを伝えていきたい」

 谷繁氏も野村さんもともに捕手としてプロ野球界で活躍。谷繁氏が大洋、横浜(現DeNA)に在籍時にヤクルトの監督だった野村氏の印象について「対戦をさせていただいて『イヤな監督だな』という思いを抱きながらやっていた。すべてもてあそばれたな、谷繁をすべてバレているという思いがしていた。そこを何とかはぐらかしながらなんとか『ヤクルトを、野村さんを負かしてやろう』と思ってやっていました」と話した。

 谷繁氏の3021試合出場はプロ野球記録。野村さんの3017試合が2位で「何とか抜きたい思いでやっている存在だった」という。2016年の監督退任後はテレビ解説の仕事などで球場を訪れているなか、東京ドームで対面した際には「早くユニホームを着ろ。楽をしている場合じゃないぞ」と現場復帰に背中を押されたエピソードも明かした。

野村 克也(のむら・かつや)

1935(昭和10)年6月29日生まれ、84歳。京都府出身。峰山高から54年に南海へテスト入団。65年に戦後初の三冠王となり、70-77年に兼任監督。ロッテを経て、80年に西武で現役引退。現役生活27年(実働26年)でMVP5度、本塁打王9度、打点王7度、首位打者1度、ベストナイン19度。89年に野球殿堂入り。南海、ヤクルト、阪神、楽天で通算24年監督を務め、リーグ優勝5度、日本一3度。監督通算では3204試合で1565勝1563敗76分け。