2020.2.11 10:15

野村克也さん死去、84歳 3度の日本一に輝く

野村克也さん死去、84歳 3度の日本一に輝く

死去した野村克也さん

死去した野村克也さん【拡大】

 南海(現ソフトバンク)の捕手として戦後初の三冠王に輝き、南海、阪神、ヤクルト、楽天の監督として3度の日本一に輝いたサンケイスポーツ専属評論家の野村克也(のむら・かつや)氏が11日、死去したことが分かった。84歳だった。

野村 克也(のむら・かつや)

1935(昭和10)年6月29日生まれ、84歳。京都府出身。峰山高から54年に南海へテスト入団。65年に戦後初の三冠王となり、70-77年に兼任監督。ロッテを経て、80年に西武で現役引退。現役生活27年(実働26年)でMVP5度、本塁打王9度、打点王7度、首位打者1度、ベストナイン19度。89年に野球殿堂入り。南海、ヤクルト、阪神、楽天で通算24年監督を務め、リーグ優勝5度、日本一3度。監督通算では3204試合で1565勝1563敗76分け。

  • 1970年4月、通算450本塁打を放つ南海・野村克也選手=後楽園
  • 1965年11月、最優秀選手の表彰式で肩を組む巨人・王貞治選手(右)と南海・野村克也選手=東京都内のホテル
  • 11日に死去した野村氏の教え子、橋上氏。恩師の訃報を悼んだ=沖縄本島・金武町(撮影・広岡浩二)
  • 野村克也さんの思い出を語る若松臨時コーチ=ANASPORTSPARK浦添(撮影・長尾みなみ)
  • 楽天は金武2次キャンプでは半旗を掲げ、死去した野村克也氏に黙祷を捧げた(撮影・広岡浩二)