2020.2.11 10:00(1/4ページ)

【挑む男】DeNA・今永、「8・8五輪決勝」本拠地ハマスタのマウンドに立ちたい

【挑む男】

DeNA・今永、「8・8五輪決勝」本拠地ハマスタのマウンドに立ちたい

特集:
挑む男
侍ジャパン
宜野湾の海をバックにポーズを取る今永。チームの優勝と東京五輪の金メダルへ、エースが熱い思いを告白した (撮影・斎藤浩一)

宜野湾の海をバックにポーズを取る今永。チームの優勝と東京五輪の金メダルへ、エースが熱い思いを告白した (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 12球団のキーマンに迫るインタビューの第3回は、DeNA・今永昇太投手(26)。昨季はチームトップ、リーグ2位の13勝(7敗)を挙げ、日本代表「侍ジャパン」の一員としても活躍するなど球界を代表する先発左腕へと飛躍を遂げた。今季はチームの1998年以来22年ぶりとなる日本一だけでなく、東京五輪での金メダルを目指す勝負の一年。エースの胸に秘めた思いに迫った。 (取材構成・湯浅大)

 --5年目のキャンプは、これまでと立場が違う

 「そうですね。ある程度(結果を)計算されている、やってくれるだろうという期待をいただいている雰囲気を感じながら臨んでいます」

 --オフから「体力不足」との言葉をよく使う

 「去年は1試合を投げるスタミナがあっても、1年を投げるスタミナがないと感じました。1年間1軍にいればいいというのではなく、1年を通じて安定して成績を残せるスタミナです」

 --昨季は終盤の先発3試合で2敗(18回2/3、16失点)を喫した

 「周りからすると『あそこで1、2勝していたら(優勝できたかも)』というのがあるかもしれない。でも、あれが僕の実力。後悔はなくて、あの時点の自分の力、ボロがでた」

【続きを読む】

  • 侍ジャパン・今永昇
  • 今永昇太の年度別登板成績