2020.2.6 20:24

DeNA、専門コーチで盗塁向上へ ラミレス監督「宮崎も『サイン出ますか』と言ってきた」

DeNA、専門コーチで盗塁向上へ ラミレス監督「宮崎も『サイン出ますか』と言ってきた」

オマー・ビスケル氏の打撃投手を動画撮影するDeNA・ラミレス監督=沖縄・宜野湾市(撮影・斎藤浩一)

オマー・ビスケル氏の打撃投手を動画撮影するDeNA・ラミレス監督=沖縄・宜野湾市(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 DeNA春季キャンプ(6日、沖縄・宜野湾)アメフト団体などで指導実績の豊富なストレングスコーチの朝倉全紀氏を招き、野手陣が走り方の指導を受けた。昨季の盗塁数は12球団最少で、チームは走塁が大きな課題。外野守備の背走や盗塁など、スタート時のスムーズな足の運びを徹底的に伝授された。

 居残りで指導を受けた楠本は、自身に合ったリードの姿勢などを助言されたといい「力感なく速く走れる感覚が出ている」と納得顔。ラミレス監督は「とてもいい指導をされていた。(通算0盗塁の)宮崎も『僕にサイン出ますか』と言ってきた。たぶんないけれど」と笑った。

キャンプ日程へ