2020.2.2 18:05

DeNAブルペンに新機器 浜口「かなりいい」

DeNAブルペンに新機器 浜口「かなりいい」

ブルペンに設置されたハイスピードカメラ(手前は山崎康晃)=沖縄・宜野湾(撮影・斎藤浩一)

ブルペンに設置されたハイスピードカメラ(手前は山崎康晃)=沖縄・宜野湾(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 DeNA春季キャンプ(2日、沖縄・宜野湾)ブルペンに新機器が導入された。1秒間で約700こまが記録できるハイテクカメラで、リリースの瞬間の指のかかりなどが確認できるという。米大リーグのキャンプでは定着しているそうで、球団関係者は「頭でイメージする球に近づけるよう、球種をデザインできる」と説明した。

 早速、山崎と浜口が新カメラの前で投球練習した。フォークボールの改善をテーマにしている浜口は「球の回転の始まり方まで見られる。これはかなりいい」と目を輝かせた。

キャンプ日程へ