2020.2.1 05:04

筒香の穴は全員で埋める!DeNA・ラミ監督「みんなで助け合えばもっといいチームに」

筒香の穴は全員で埋める!DeNA・ラミ監督「みんなで助け合えばもっといいチームに」

特集:
筒香嘉智
歓迎式典でキャンプ地の宜野湾はごろもレディから花束を受け取る左からラミレス監督、石田、佐野 (撮影・斎藤浩一)

歓迎式典でキャンプ地の宜野湾はごろもレディから花束を受け取る左からラミレス監督、石田、佐野 (撮影・斎藤浩一)【拡大】

 “筒香ロス”に陥るな!! DeNAは31日、アレックス・ラミレス監督(45)や一部選手がキャンプ地の沖縄・宜野湾市に入った。選手宿舎で行われた全体ミーティングで、三原一晃球団代表(51)が「『筒香がいなくなったから弱くなった』とは絶対に言わせないようにしてください」と訓示。米大リーグ、レイズに移籍した筒香嘉智外野手(28)の抜けた穴を全員野球で埋める。

 令和の大号令だ。1998年以来、22年ぶりの日本一へ。選手ら約150人を前にした全体ミーティングで熱弁を振るったのは、現場トップの三原代表だった。

 「『筒香がいなくなったから弱くなった』とは絶対に言わせないようにしてください。その思いで皆さんと一年を過ごしていきたいと思います」

 レイズへ移籍した筒香はDeNAで主将と4番を務め、通算205本塁打の強打者。抜けたのは痛手だが、三原代表は昨年12月に筒香と会った際、「三原さん、来年のチームはどうですか?」と真っ先に気遣われたという。

 三原代表に続き、壇上に立ったラミレス監督は「ルーキーもベテランも関係なく、競争を勝ち抜いて1軍で活躍してください」と訓示した。現時点でレギュラー当確はソトと宮崎のみ。就任5年目の指揮官はチーム内の競争をあおりつつ、22年ぶりの優勝への鍵に柔軟な戦術を掲げた。

 今季は相手や球場に応じて戦法を変え、先発メンバーも入れ替えることを予告。「これを『day by day baseball(日ごと野球)』と名付けたい」と不敵に笑った。

 「筒香がいなくなっても、このチームは横浜DeNAベイスターズです。彼の代わりはいないけど、その穴を補うことはできる。みんなで助け合えば、もっといいチームになれる」

 筒香の不在を発奮材料にするよう選手に呼びかけた。昨季はDeNAの経営参画後初となるリーグ2位。“筒香ロス”を脱却するためには優勝するしかない。 (湯浅大)

  • 筒香嘉智
  • 歓迎セレモニーでフォトセッションに応じる(左から)DeNA・三原代表、岡村球団社長、ラミレス監督、石田、佐野=沖縄・宜野湾市(撮影・斎藤浩一)
  • 歓迎セレモニーで笑顔を見せる(左から)DeNA・オースティン、山崎、パットン=沖縄・宜野湾市(撮影・斎藤浩一)