2020.1.30 16:22

横浜スタジアム、2812席を増席 最多で3万4046人に

横浜スタジアム、2812席を増席 最多で3万4046人に

増席後のハマスタのイメージ

増席後のハマスタのイメージ【拡大】

 DeNAは30日、本拠地、横浜スタジアムを改修し、左翼ポールエリア上部に新設する「ウィング席」が2月に完成し、2812席が増えて、収容人数は最大で3万4046人となると発表した。

 新「ウィング席」は内野座席から外野座席にかかる上段に位置し、試合展開をより広範囲な視点で楽しめる。横浜港や関内エリアの街並みをはじめ、天候により富士山も見ることができる。昨年は右翼席上部に「ウィング席」が新設されていた。

 増席前の最大収容人数は2018年で2万8966人、右翼側が増席された19年は3万2170人、左翼側が増席される20年は3万4046人となる。