2020.1.29 05:05(1/3ページ)

松坂、即ブルペン入り宣言!14年ぶり西武ユニ姿を古巣ファンにお披露目

松坂、即ブルペン入り宣言!14年ぶり西武ユニ姿を古巣ファンにお披露目

松坂は、かつてのデザインを思わせる限定ユニホーム姿も披露。約1500人のファンを喜ばせた (撮影・山田俊介)

松坂は、かつてのデザインを思わせる限定ユニホーム姿も披露。約1500人のファンを喜ばせた (撮影・山田俊介)【拡大】

 西武に14年ぶりに復帰した松坂大輔投手(39)が28日、埼玉・所沢市で行われた出陣式に参加し、ファンの前で復帰後初めてユニホーム姿を披露した。2月1日に始まるキャンプは宮崎・南郷でのA班(1軍)で始動するが、既にブルペンで投球できる状態であることを明言。昨季0勝に終わり“背水の陣”となるシーズンへ、平成の怪物は「単純に肩の状態が良い」と、古巣での復活に向けて頼もしい言葉を口にした。

 平成の怪物が所沢に帰ってきた。

 「背番号16、松坂大輔~~~!」

 高らかにコールされると、冷たい雨が降る悪天候にもかかわらず集まった約1500人のファンから「おかえり!!」の大歓声が上がった。西武復帰後初めてユニホーム姿でファンの前に登場した松坂は、包み隠さない言葉で所信を表明した。

 「14年ぶりに帰ってきた松坂です。昔のイメージを持っている方もたくさんいると思いますが、今はなかなか難しい。どんな形であれ、チームのリーグ3連覇の力になれるように頑張ります」

【続きを読む】

  • ユニホーム姿の松坂(中央)が登壇すると、会場は大歓声に包まれた
  • 70周年の記念ユニフォームを着てポーズをとる松坂大輔=埼玉県所沢市(撮影・山田俊介)
  • 今季の限定ユニホームを着用した西武の(左から)松坂、松井2軍監督、辻監督、源田、森=28日、埼玉県所沢市
  • 金髪を披露する西武・森=埼玉・所沢市(撮影・山田俊介)
  • 松坂大輔の年度別登板成績