2020.1.28 05:03

ヤクルト・五十嵐、ハワイ“山登り”で持久力鍛えた!「普段にない刺激を」

ヤクルト・五十嵐、ハワイ“山登り”で持久力鍛えた!「普段にない刺激を」

五十嵐は標高368メートルのココヘッドを毎朝、登って持久力を高めた

五十嵐は標高368メートルのココヘッドを毎朝、登って持久力を高めた【拡大】

 ヤクルト・五十嵐亮太投手(40)が27日、神宮外苑のクラブハウスを訪問。昨年12月中旬から今月下旬まで1カ月以上行った米ハワイでの自主トレーニングで、持久力を高める鍛錬を積んだことを明かした。

 「ある程度、心拍数を上げて、持久系のことを多くしたいなと。(スタミナ強化は)シーズンを通してどう戦うかという意味で、中継ぎでも必要かなと思った」

 プロ23年目。5月に41歳となるチーム最年長右腕が取り組んだのは登山だ。近年、ともに練習を行うサッカーJ1コンサドーレ札幌のGK菅野と毎朝7時から標高368メートルのココヘッドを登り、心拍数を測定。短距離走と同程度とされる170まで上がるほど追い込み、当初は20分以上かかった登頂も、終盤には18分で登るまでになった。

 「普段にない刺激を入れることで新たな何かが見つかる」。昨季は45試合、日米通算で905試合に登板している。名球会入りの候補として名前も挙がり「ありがたいです」とうなずく。燕の“タフマン”がV奪回に貢献する。 (赤尾裕希)

ココヘッド

 米ハワイ州のオアフ島東部にある標高368メートルの山。観光名所でありながら、地元の人や多くのアスリートがトレーニングとしても利用している。第二次世界大戦中に山頂の通信基地に物資を運ぶためのトロッコが通っていたため、山道に1048段のレールが敷かれているのが特徴。