2020.1.26 18:00(2/5ページ)

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】鳥谷の意欲と執念が問われている…ロッテ、中日にまさかの復帰情報もキャンプは目前

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】

鳥谷の意欲と執念が問われている…ロッテ、中日にまさかの復帰情報もキャンプは目前

特集:
「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記

 いよいよ春季キャンプのスタート(2月1日イン)まで一週間を切りました。このコラムがアップされる26日でキャンプ開始まで後6日ですね。各選手が2020年シーズンに向けて本格的に動き始めるまであとわずかな日程の中、注目の鳥谷についての新展開は見えてきません。

 ある球界関係者の言葉です。

 「球界の情報として12球団の編成作業は全て終わっている。もう春季キャンプを直前に控えて、新たな補強策などは一切ないだろう。編成の扉はピシャリと閉まった状態にある。ということは国内プロ野球で新天地を探す鳥谷の希望ももはやかなわないということだ。選択肢は現役引退か、それでも現役続行に向けた次のアクションを起こすか2つにひとつ。鳥谷の現役続行への意欲や執念の度合いが問われるのではないか」

 このコラムでは昨年末にもある球界首脳の「12球団の編成作業は全て終わった。国内プロ野球への移籍はもう絶望的だ」という言葉を紹介しました。キャンプ直前のこの時期に至ってまだ何ら動きのない状況で、再び球界関係者を直撃取材すると、鳥谷にとっては厳しい限りの声が聞こえてきたのです。

 年末から年始にかけて球界ではさまざまな憶測が飛び交いました。同じ代理人事務所と契約していて、現役時代には鳥谷と自主トレも一緒に行っていた井口監督率いるロッテがキャンプ地にテスト生として招待。合格通知を出して獲得するのでは…という情報もあれば、中日が獲得に動く…という情報もありました。新聞紙上ではさまざまな情報が書かれていましたが、ここに至るまでどの情報も実現していません。

【続きを読む】

  • キャンプ地にユニホーム姿で鳥谷は立てるのか?
  • 合同トライアウトに参加した元阪神・西岡