2020.1.26 05:04(1/2ページ)

文武両道や!阪神・近本、学問の神様・菅原道真公になる「みんなが笑顔になる1年に」

文武両道や!阪神・近本、学問の神様・菅原道真公になる「みんなが笑顔になる1年に」

近本は福玉まきをする。道真公にあやかって文武両道でいく(撮影・甘利慈)

近本は福玉まきをする。道真公にあやかって文武両道でいく(撮影・甘利慈)【拡大】

 虎の道真公になる! 阪神・近本光司外野手(25)が25日、大阪市北区の大阪天満宮で行われた、参拝客にボールをまくイベント「福玉まき」に参加した。学問の神様、さらには弓矢の名人として知られる菅原道真をまつる神社。目前に迫った2年目の春季キャンプでは、道真公のように“文武両道”とすることを宣言した。

 学問の神様・菅原道真公をまつり、多くの受験生が足を運ぶ大阪天満宮。近本は目を閉じ、静かに祈りをささげた。道真公の御利益にあやかり、文武両道を目指す。まずは“文”のレベルアップだ。

 「野球もそうですけど、いろいろなことをちょっとずつ勉強していきたい。本を読みたい」

 昨春キャンプは1年目とあって本を読むヒマもなかったが、今年は時間を見つけて読書にいそしみ、知識を吸収する。すでにこのオフからさまざまな本を読んでおり、キャンプにも「携帯(電子書籍)と、何冊かはもっていこうかな」。現在は武術家・高岡英夫氏の著書を読み進めていて「どう(野球に)つながるかはまだ分かりませんが、意識してトレーニングはしています」と言う。

 もちろんアスリートとして“武”も磨く。道真公は弓の名手としても知られているが、自身も正確な送球で、昨季は両リーグトップの10補殺を記録。だが「走られないことが一番の理想」と究極の目標を口にした。

【続きを読む】

  • 近本(右端)らが参加した福玉まきには約2500人が詰めかけた
  • 黄金菅原道真像