2020.1.26 05:04(1/2ページ)

DeNA・佐野、12球団最年少の新主将就任「筒香さんが残した文化を継承したい」

DeNA・佐野、12球団最年少の新主将就任「筒香さんが残した文化を継承したい」

特集:
筒香嘉智
新主将に就いた佐野(左)は、みなとみらいの夜景をバックにラミレス監督と気合を込めた (撮影・塩浦孝明)

新主将に就いた佐野(左)は、みなとみらいの夜景をバックにラミレス監督と気合を込めた (撮影・塩浦孝明)【拡大】

 DeNAは25日、横浜市の横浜港大さん橋で会見を開き、4年目の佐野恵太内野手(25)が新主将に就任し、今季の新スローガンを『NEW GENERATION IS HERE.(新しい世代は、もうすでにここにある。)』に決めたと発表した。昨季まで主将と主に4番打者を務めた筒香嘉智外野手(28)が米大リーグ、レイズに移籍。“新生ベイスターズ”として臨む今季は12球団最年少の主将がチームを引っ張る。

 かつて「メリケン波止場」と呼ばれ、外国航路の客船が行き交う横浜の埠頭(ふとう)で、佐野が高らかに誓いを立てた。

 「筒香さんが残した文化を継承しつつ、自分らしく明るいチームをつくっていきたい」

 昨季まで5年間主将を務めた筒香が米球界に挑戦。後継者に指名されたのが4年目の25歳だった。昨年末、横浜駅近くのホテルにラミレス監督から呼び出され、直々に通達された。

 2017年に明大からドラフト9位で入団。全体で87人中84番目の指名ながら1年目から開幕1軍の座を射止め、3年目の昨季は自己最多の89試合に出場、打率・295、5本塁打、33打点をマーク。11試合で4番も務めるなど“成り上がり”を果たした。

【続きを読む】

  • DeNAのシーズンスローガン