2020.1.25 05:04(1/2ページ)

阪神・藤浪、2・4シート打撃で運命の第1球!崖っ縁キャンプ1軍決定「結果残す」

阪神・藤浪、2・4シート打撃で運命の第1球!崖っ縁キャンプ1軍決定「結果残す」

特集:
藤浪晋太郎
鳴尾浜のブルペンで投げる藤浪。「2・4」にかける(撮影・門井聡)

鳴尾浜のブルペンで投げる藤浪。「2・4」にかける(撮影・門井聡)【拡大】

 運命の「2・4」になる。阪神は24日、鳴尾浜で合同コーチ会議を開き、2月1日から始まる春季キャンプの沖縄・宜野座1軍メンバーを決定。昨季、プロ入り初の未勝利に終わった藤浪晋太郎投手(25)の1軍行きが正式に発表された。早ければ4日に行われるシート打撃に登板することも判明。復活か、それとも-。運命の1球目に注目が集まる。

 かつての輝きを取り戻すため、もがき苦しんできた藤浪の答えが出る。のるかそるか、では片付けられない舞台が「2・4」にも訪れる。宜野座のマウンドから放たれる1本目の矢がどこにいくのか。虎の命運を握る。

 「とにかく目の前の結果です。先発ローテーションに入るために結果を残すことだけです」

 太陽が沈みかけている午後5時すぎ、試行錯誤を続ける右腕は帰りの車へと歩を進めながら力を込めた。

 その6時間前の午前11時。鳴尾浜には矢野監督、清水ヘッド、平田2軍監督ら首脳陣が集結し、合同コーチ会議が開かれた。昨年よりも1人多く、2012年の球団最多に並ぶ44人の1軍沖縄行きが決定。投手に関しては過去最多の23人が選ばれた。その主役は藤浪-。昨季未勝利に終わった男について、いきなり試練が待ち受けていることが明らかになった。

 「彼は特別扱いはしない。『第1クールでの実戦で投げてほしい』と伝えていた。(7日からの)第2クールに(対外試合が)3試合ある。それの準備もあるから」

 金村投手コーチが藤浪は厳しい立場であることを話した。球団関係者によると初の実戦形式となるシート打撃は2月4、5日。そこに藤浪が登板するという。

 「今年は(開幕が9日早くて)早い段階での実戦が多くて楽しみです。僕は(登板日は)直接聞いていないですが…。準備はできています」

【続きを読む】