2020.1.25 05:00(1/2ページ)

【虎のソナタ】ビュ~ン!!ズド~ン!!藤浪に野茂を見た

【虎のソナタ】

ビュ~ン!!ズド~ン!!藤浪に野茂を見た

特集:
藤浪晋太郎
虎のソナタ
1990年の球宴(横浜)で登板する野茂。三木編集委員が藤浪とダブらせた!?

1990年の球宴(横浜)で登板する野茂。三木編集委員が藤浪とダブらせた!?【拡大】

 野茂英雄と同じ音がした。

 「『ビュ~ン!!』『ズド~ン!!』や。他の投手と全然違う」

 藤浪のブルペン投球を間近で取材した編集委員、ビヤ樽三木建次は興奮した口調でした。鳴尾浜球場のブルペンはすぐ横で取材することができます。その距離約数メートル。ビヤ樽の耳に聞こえてきた投げた球が空気を切り裂く音は、あの日の野茂と同じだったのだそうです。

 近鉄担当だった1995年1月17日。ビヤ樽は、更改交渉のやりとりをめぐって球団と対立し、米大リーグに移籍すると言い出した野茂を追って東京に出張していました。

 「神宮外苑で早朝から自主トレをするというので、前日16日の夜に最終の新幹線で移動した。その取材当日の朝に阪神大震災が起きたんや。新幹線が止まって大阪に戻れなくなったのと、野茂の動向がすぐには決まらなかったので、しばらく東京で取材を続けた」

 練習場所は神宮球場近くの草野球のグラウンド。投球はすぐ近くで見られる。野茂の球が空気を切り裂く音、捕手のミットをたたく音が、この日の藤浪の『ビュ~ン!!』『ズド~ン!!』と同じだったと、ビヤ樽は力説したのです。

 「普通の投手は『シュッ』という音。ミットの音も『スパン!』くらいや。4年ぶりに阪神の取材に戻って、近くで藤浪の球を見て、久々にあの音を思い出した。2人以外では、俺は聞いたことがない」

【続きを読む】