2020.1.22 05:05(1/2ページ)

大阪万博に甲子園パビリオン、ごっつぅええやろがい!阪神・川藤OB会長ブチ上げた

大阪万博に甲子園パビリオン、ごっつぅええやろがい!阪神・川藤OB会長ブチ上げた

大阪万博に甲子園パビリオンを-。壮大なプランをぶち上げた川藤氏

大阪万博に甲子園パビリオンを-。壮大なプランをぶち上げた川藤氏【拡大】

 世界に浪速の力をみせたらんかいっ! 阪神電鉄が運営する甲子園歴史館の運営会議「第11回理事会・定例報告会」が21日、大阪市内のホテルで行われ、顧問でタイガースOB会長の川藤幸三氏(70)が壮大な夢を提案。2025年の大阪万博で「甲子園歴史館のパビリオンを建てたらどうや」とぶち上げた。

 壮大すぎる夢かもしれない。それでも「浪速の春団治」と呼ばれた川藤氏は「東京に負けたらいかんでぇ。大阪がやるんやからな。浪速の力を見せたらんかっちゅうことや」と鼻息を荒くした。2025年、大阪万博にぜひ「甲子園パビリオン」を! 甲子園歴史館の運営会議で、仰天のアイデアをぶち上げた。

 「(甲子園は)大阪の文化じゃねえか。(万博では)世界のいろんな国から集まってくるわけだから。『甲子園パビリオン』というのかな、甲子園歴史館のパビリオンを建てたらどうやと」

 甲子園歴史館は来年3月にリニューアルオープン予定だが「どんどん新しくなっていくんやったら、もっと大きいことを考えてええやないかい」と川藤氏。だからこそ「突拍子もないことを言わせてもらった」という。

 「世界の野球を知らないところにアピールできる。まだ5年あるやないか。5年後に向けてやな。甲子園パビリオン、ごっつぅええやろがい」

 1970年の大阪万博には世界77カ国が参加し、来場者は6400万人を超えた。それから55年後、再び大阪・夢洲で開催される。ならば関西のみならず日本が誇る聖地「甲子園」を、全世界に大々的にアピールすべきというわけだ。

 東京五輪で復活した野球は、24年パリ五輪で再び落選した。世界での野球の認知度はまだまだ。甲子園には、球団創設85周年を迎えたタイガースには「日本の野球、甲子園って、こんなんや」と発信していく気概をもって欲しい-。それがOB会長としての思いだ。

【続きを読む】