2020.1.22 13:00

【球界ここだけの話(1863)】巨人育成D1位・平間、キャンプ1軍大抜擢で夢の「GT-R」購入だ

【球界ここだけの話(1863)】

巨人育成D1位・平間、キャンプ1軍大抜擢で夢の「GT-R」購入だ

特集:
2020新人情報
サンスポ記者の球界ここだけの話
巨人育成D1位・平間

巨人育成D1位・平間【拡大】

 2月1日から始まる春季キャンプで、巨人が球団史上初の大抜擢(ばってき)を行う。育成ドラフト1位・平間隼人内野手(23)=四国アイランドリーグplus徳島=の1軍スタートが内定。育成新人の1軍スタートは球団では過去に例がなく、支配下選手登録を狙う平間にとっては絶好のアピールのチャンスとなる。

 徳島・鳴門渦潮高卒業後は独立リーグの徳島でプレー。プロを目指したが、事情もあって一時はチームを離れ、電気工事士として働いて家計を支えた時期もあった。プロへの道が開けなければ「去年で野球をやめるつもりだった」。そこから大きく人生が変わった。

 自他ともに認める車好きで、夢は日産のGT-Rを購入すること。「それを買うために野球をするんだ」と、独立時代はグラブの小指に「GT-R」と刺繍(ししゅう)を入れていたほどだ。価格は現在、新車で一番安いモデルでも1082万8400円。最も高価なものでは2420万円にもなる。徳島時代は中古で50万円で購入した2004年式のトヨタ・クラウンに乗っており、上京とともに泣く泣く手放したが、プロとして成功すれば、最高で約50倍の価格の高級車を購入することも夢ではなくなる。

 現在の年俸は240万円。今はまだスポーツカーには手が届かないが、背番号「002」は「最短で支配下になりたい」と力強く言う。武器は50メートル5秒9の俊足。やはり快足が武器で育成出身の“侍フェラーリ”ことソフトバンク・周東の成功例もある。

 ただ、いくら抜擢されたとはいえ安心はできない。今回のキャンプでは坂本、丸らが調整を任された「S班」で2軍スタートとなるため、空いた枠に呼ばれたという意味合いも強い。原監督は20日のスタッフ会議後に「(1~3軍が)同じ場所(宮崎)でやるわけですから。2月1日の区分けに重きはありません」としている。第2クールが終了する8日までの短期間で、大きなアピールが求められることになる。(伊藤昇)