2020.1.20 05:03(1/3ページ)

阪神・近本、歩幅30センチ革命!2年連続盗塁王へ陸上講師・秋本氏と特訓

阪神・近本、歩幅30センチ革命!2年連続盗塁王へ陸上講師・秋本氏と特訓

近本(左)は秋本氏(右)とマンツーマンで特訓。歩幅を縮めるように変えた(撮影・中島信生)

近本(左)は秋本氏(右)とマンツーマンで特訓。歩幅を縮めるように変えた(撮影・中島信生)【拡大】

 走り方改革だ! 阪神・近本光司外野手(25)が19日、鳴尾浜で自主トレを行い、元200メートルハードル日本記録保持者の陸上講師・秋本真吾氏(37)にマンツーマン指導を直訴した。昨年の新人合同自主トレ以来となった“秋本塾”で、ストライド(歩幅)を約30センチ短縮。回転数(ピッチ)を上げ、2年連続盗塁王に向けて進化を求めた。

 新人合同自主トレが一段落した鳴尾浜。日が陰り、冷たい風が吹き始めたグラウンドで、近本の2020年バージョンへの進化が始まった。秋本氏との30分間に及ぶマンツーマントレーニング。昨季盗塁王は、十分な手応えを口にした。

 「去年も教えていただいて回転数とか意識するようになったけど、何が正解で何が間違っているのか分からなかった。自分が思っていることや何が理想かも聞けたので、有意義な時間だった」

【続きを読む】

  • 近本(左)は秋本氏(右)とタブレットで撮影した自らの走る姿を確認する