2020.1.20 05:02

DeNA・勝又、“サイボーグ化”でマエケンになる!?最新マシンでフォーム固め

DeNA・勝又、“サイボーグ化”でマエケンになる!?最新マシンでフォーム固め

特集:
前田健太

 高卒2年目のDeNA・勝又温史投手(19)が19日、神奈川・横須賀市の2軍施設で練習し、“マエケン式”のトレーニングを取り入れていることを明かした。

 「めっちゃ、難しいです。しっかりと体を動かさないといけない」

 昨季、日大鶴ケ丘高からドラフト4位で入団した最速153キロ右腕は昨年12月から、東京都内の練習施設「IWA ACADEMY」で自主トレ。ドジャースの前田健太投手(31)もこの施設で利用する装着型サイボーグ「IWA式Neuro HALプラス」を使い、無駄のない体の動かし方を習得中だ。

 電極を通じて筋肉の弛緩(しかん)、緊張を細かく分析し、最適な動きにアシストしてくれる最新鋭のマシン。勝又は投球フォームを固めるために使っているという。

 17日に施設内で前田と対面し「オーラがすごかった」。昨季は1軍登板機会なし。「今年はファームで結果を残して1軍でプレーしたい」と誓った。 (湯浅大)