2020.1.17 05:03(1/2ページ)

山口俊、爆笑会見で地元トロントのつかみOK!相撲選ばなかったのは「お尻を出すのが恥ずかしくて」

山口俊、爆笑会見で地元トロントのつかみOK!相撲選ばなかったのは「お尻を出すのが恥ずかしくて」

特集:
山口俊
山口は背番号1のユニホームを着て、ガッツポーズ。巨人時代とは髪形を変え、ひげも伸ばした (共同)

山口は背番号1のユニホームを着て、ガッツポーズ。巨人時代とは髪形を変え、ひげも伸ばした (共同)【拡大】

 【トロント(カナダ)15日(日本時間16日)=共同】巨人からポスティングシステムで米大リーグ、ブルージェイズに移籍した山口俊投手(32)が、本拠地ロジャーズ・センターで入団記者会見に臨み、先発ローテーション入りを目標に掲げた。元幕内谷嵐として活躍した父・久さん(故人)を追って相撲の道に進まなかった理由を聞かれると、「お尻を出すのが恥ずかしくなった」と答えて笑いを誘い、現地の人々の心もつかんだ。

 会見に集まった人々の表情を、すぐに穏やかにした。ブルージェイズはメジャー全30球団で唯一、米国外のカナダに本拠地を置くチーム。山口は冒頭で、ともに公用語の英語にフランス語も交え「ハロー、ボンジュール、こんにちは」とあいさつした。

 「僕の中でメジャーリーグは野球の最高峰。そこでどれだけ通用するか。頑張っていきたい」

 巨人で昨季15勝、188奪三振、170投球回といずれも自己最高の成績を残した。日本では先発と救援で活躍し、14シーズンで2桁勝利を2度、横浜、DeNA時代には2桁セーブを4度マーク。チームはオフに昨季最優秀防御率の柳賢振、同10勝のロアークの獲得で先発陣を強化した。万能な活躍も期待されるが、山口は背番号1のユニホーム姿で「先発ローテーションの1枠を勝ち取るつもり」と力強く目標を掲げた。

【続きを読む】

  • 米大リーグ、ブルージェイズの入団記者会見をする山口俊投手=15日、トロント(共同)
  • 米大リーグ、ブルージェイズの入団会見で、ポーズをとる山口俊=15日、トロント(ゲッティ=共同)
  • 米大リーグ、ブルージェイズの入団会見を終え、アトキンスGM(右)と笑顔で握手する山口俊投手=15日、トロント(共同)
  • 米大リーグ、ブルージェイズの山口俊投手の入団記者会見に集まった報道陣=15日、トロント(共同)
  • ブルージェイズ・今季の先発ローテ候補