2020.1.16 05:02(2/2ページ)

阪神・望月よ、肩の開きが早い!球児が指摘「CSみたいに…」

阪神・望月よ、肩の開きが早い!球児が指摘「CSみたいに…」

特集:
藤川球児
自主トレを公開し、笑顔を見せる阪神・望月惇志=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・水島啓輔)

自主トレを公開し、笑顔を見せる阪神・望月惇志=かりゆしホテルズボールパーク宜野座(撮影・水島啓輔)【拡大】

 こう振り返るのが、昨季のCSファイナルステージ初戦。先発起用も、2回5失点と炎上し、チームは敗れた。大きな壁にぶち当たり、門をたたいた“球児塾”。練習中も「肩の開きが早くて、球がシュート回転している。CSみたいな結果につながるぞ」と藤川から檄が飛ぶ。

 開幕ローテ入りを目指すプロ5年目は、「そこ(CS)でやり返さないと意味ないですし、悔しさはそこで返したい。シーズンも大切ですし、そこでもやり返したい」。大きくなって、リベンジの舞台へ挑む。 (原田遼太郎)

★阪神・望月のCS先発VTR

 昨年10月9日、巨人とのクライマックスシリーズファイナルステージ第1戦(東京ドーム)で、望月が先発したが2回5失点と誤算。一回2死から丸に中越えの先制ソロ、岡本に左越えソロを被弾し、いきなり2点を失った。二回1死一、二塁から亀井の適時二塁打で0-3とされると、なおも2死二、三塁から坂本には初球126キロを中前へ2点打。序盤の失点が響き、チームも2-5で敗れた。

  • 球児塾で汗を流す望月。CSの悔しさを胸に腕を振った