2020.1.16 10:52

ヤクルトD1位・奥川 右肘に炎症見つかりノースロー調整

ヤクルトD1位・奥川 右肘に炎症見つかりノースロー調整

特集:
2020新人情報
ヤクルト・奥川

ヤクルト・奥川【拡大】

 ヤクルトは16日、ドラフト1位・奥川恭伸投手(18)=石川・星稜高=を右肘の炎症のためノースローで調整していくことを発表した。

 小川GMは、昨年11月に受けたメディカルチェックで右肘に炎症があったことを明かし、前日15日に横浜市内の病院で検査を受けた結果、右肘の炎症が残っていること判明。続けて「結果として炎症はすごく軽くなっている。とはいえ、炎症は少し残っているので」と語った。

 本人に痛みの自覚はなく今後は「その都度チェックをしながら、確認をして判断していくというところです」と説明した。新人合同自主トレ第3クール初日を迎えたこの日、奥川はスローイングと打撃練習以外のメニューは問題なくこなした。

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ新人情報へ