2020.1.16 10:00(1/3ページ)

【直撃】ヤクルト・青木、村上バットにトライ!

【直撃】

ヤクルト・青木、村上バットにトライ!

先端がくりぬかれたバットで練習を続ける青木。キャンプ中の実戦で使い、シーズンで採用するか決める(撮影・赤尾裕希)

先端がくりぬかれたバットで練習を続ける青木。キャンプ中の実戦で使い、シーズンで採用するか決める(撮影・赤尾裕希)【拡大】

 米カリフォルニア州ロサンゼルス郊外で自主トレーニングを行っているヤクルト・青木宣親外野手(38)がこのほど、サンケイスポーツのインタビューに応じ、球団としては2015年以来5年ぶりとなる優勝を目標に掲げた。当地では昨季のセ・リーグ新人王、村上宗隆内野手(19)が持参したミズノ社製のバットを試し、好感触を得た。最下位からの巻き返しへ、自身はタイトル争いに加わる活躍を誓った。 (取材構成・赤尾裕希)

 --年始から今月下旬までロス郊外で行う自主トレのテーマは

 「とにかくバランスよく、しっかり体が動くように。そこだけを意識しています」

 --村上ら、同行している若手選手から刺激を受けるか

 「そうですね。共同生活みたいなことをしていますし、野球以外でも話すことがたくさんあるので」

 --5日に38歳となった。誕生日の過ごし方は

 「焼き肉を食べに行って、そのときに祝ってもらいました。オリジナルのパーカーをもらって。『チーム青木』みたいなのが書いてあった。うれしいですよ、やっぱり。サプライズだったので」

 --食事は

 「基本的に朝はスタッフが作ってくれて、夜は(みんなで)作ったり、外食やテークアウトもある。カレーとかは材料を切ったり。基本は、やっぱり鍋。男だけでもできるような。つゆだけを買ってきてね」

 --野球では、この時期に毎年新たなバットを試している

 「ムネ(村上)が何本か作ったバット(ミズノ社製)の1つを、触ってみてよかったから試しています。それも自主トレの効果かもしれない」

 --特徴は

 「グリップは細めで、先端をくりぬいてあって。全体的に割と細めですね」

【続きを読む】

  • 青木(奥)は村上らと合同練習を行っている(共同)
  • 青木が昨季、使用した白木のバットは先端がくりぬかれていない
  • 青木宣親の年度別打撃成績