2020.1.16 05:03

片鱗見せた“神”の足!DeNA・ドラ1森、ハマのフェラーリになる

片鱗見せた“神”の足!DeNA・ドラ1森、ハマのフェラーリになる

特集:
侍ジャパン
坂道をダッシュする森(手前)。俊足が武器で、足の運びは軽やかだった(撮影・福島範和)

坂道をダッシュする森(手前)。俊足が武器で、足の運びは軽やかだった(撮影・福島範和)【拡大】

 DeNAのドラフト1位・森敬斗内野手(17)=桐蔭学園高=が15日、神奈川・横須賀市で行われた新人合同自主トレーニングに参加し、50メートル走5秒8の脚力を猛アピール。高校の先輩でラグビー日本代表FB松島幸太朗(26)=サントリー=との対面を熱望するとともに、自身もスピードで沸かせる『ハマのフェラーリ』の襲名を誓った。

 ノックやフリー打撃に続き行われた約20メートルの坂道ダッシュ。抜群のスタートと加速力を見せつけた森だが「きょうは微妙でした」と首を振った。それもそのはず。森が一番の武器と自認するスピードはまだ、空恐ろしい進化の途上だ。

 「走塁でも守備でも足は大事だし、スタートがあってこそ。スタートの判断や切れを大事にして、全ての面で有利に使えるようにしたい」

 50メートル走は5秒8。野球の日本代表で「侍フェラーリ」の異名を取る周東(ソフトバンク)の5秒7に引けをとらない。小学校低学年の頃は、転がせばセーフになる俊足ゆえに「毎回、セーフティーバントしかしなかった」というほどだ。

 目指すのは足で世界を沸かせた、ラグビー日本代表FB松島だ。桐蔭学園高の先輩で、憧れの存在。「世界の舞台で活躍するために、どんな準備をしているのか、重圧を力に変える方法とか、いろいろなことを聞いてみたいです!」。松島は馬力のある俊足(50メートル走6秒1)で、日本代表のジョセフ・ヘッドコーチから「フェラーリ」と称されただけに「自分も呼ばれたいですね」と大きな瞳を輝かせた。

 全国大会で初の単独優勝を果たした同校ラグビー部と、野球部は練習場が隣接。SO伊藤大祐主将らと同級生ということもあり、森もラグビー好き。昨秋のW杯で8強入りした日本代表の躍進に大興奮した。

 跳ね馬のごとく、スピードを武器とする先輩に負けじと、森が切り開くはプロでの輝く未来。ただし「免許はまだないです」。本物のフェラーリを乗りこなすのは、まだ先になりそうだ。 (佐藤春佳)

ドラフト指名選手へ育成ドラフト指名へ新人情報へ

  • 打撃練習を行う森。脚力だけでなく、整った顔立ちも魅力だ
  • ラグビー日本代表・松島幸太朗