2020.1.15 05:04(1/4ページ)

田淵氏が殿堂入り「仙ちゃん、俺ももらったよ」 形見のコートに身を包み通知式へ

田淵氏が殿堂入り「仙ちゃん、俺ももらったよ」 形見のコートに身を包み通知式へ

野球殿堂博物館に飾られた星野氏のレリーフを触る田淵氏。天国の盟友に報告した(撮影・斎藤浩一)

野球殿堂博物館に飾られた星野氏のレリーフを触る田淵氏。天国の盟友に報告した(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 2020年の野球殿堂入りのメンバーが14日、東京・文京区の野球殿堂博物館で発表され、競技者表彰のエキスパート表彰で阪神、西武で活躍した田淵幸一氏(73)が選ばれた。通知式に出席した田淵氏は恩師らに感謝するとともに、18年1月に亡くなった星野仙一氏や、闘病生活をおくる山本浩二氏(73)ら同級生の存在の大きさを挙げ「仙ちゃん、俺ももらったよ」と天に報告した。

 3人での祝賀会は実現できなかった。しかし約束は果たした。2008年の山本氏、17年の星野氏に続いて、田淵氏が殿堂入り。星野氏の形見のコートに身を包んで会場に到着し、通知式に出席すると、天国へ「心の中で報告した」ことを明かした。

 「仙ちゃん、俺ももらったよ」

 どう答えると思う? そう問われると「お前もやっぱりもらったか」と闘将の言葉を想像して、うれしそうに笑った。

 2017年12月に東京と大阪で開かれた星野氏の殿堂入りパーティー。「ぶち(田淵)、お前も数年したら殿堂入りかもしれないから(そのときは)浩二と3人で祝賀会しようや」。その言葉が忘れられない。それから1カ月もたたず、星野氏は逝ってしまった。

 山本氏からは、すぐに「おめでとう」と電話をもらったが、現在は体調が優れないという。田淵氏は「同級生がこういう形で私を後押ししてくれたんだと。本当に感謝しています」と目を細めた。

 東京六大学時代からの盟友だ。法大の主砲、田淵と山本。明大のエース星野。田淵氏と星野氏は巨人入りがかなわず、虎竜に分かれた。広島入りの山本氏と3人、思いは同じ。打倒巨人-。

【続きを読む】

  • 2003年春季キャンプの練習試合でテレビ中継に出演する(左から)田淵氏、山本氏、星野氏
  • 野球殿堂入りが決まり、故星野仙一氏のレリーフ前で撮影に納まる田淵幸一氏=東京・文京区の野球殿堂博物館(撮影・斎藤浩一)
  • 巨人戦で本塁打を放つ阪神時代の田淵幸一氏=1973年6月、後楽園
  • 田淵幸一の年度別打撃成績
  • 田淵幸一の年度別監督成績