2020.1.14 15:00

田淵幸一氏ら3氏が野球殿堂入り、プレーヤー表彰はなし

田淵幸一氏ら3氏が野球殿堂入り、プレーヤー表彰はなし

野球殿堂入りが決まり、故星野仙一氏のレリーフ前で撮影に納まる田淵幸一氏=東京・文京区の野球殿堂博物館(撮影・斎藤浩一)

野球殿堂入りが決まり、故星野仙一氏のレリーフ前で撮影に納まる田淵幸一氏=東京・文京区の野球殿堂博物館(撮影・斎藤浩一)【拡大】

 2020年の野球殿堂入り通知式が14日、東京・文京区の野球殿堂博物館で行われ、競技者表彰のエキスパート表彰は阪神、西武でプロ野球歴代11位の通算474本塁打を放った田淵幸一氏(73)、特別表彰は元慶大監督の前田祐吉、元早大監督の石井連蔵の両氏(ともに故人)が選ばれ、殿堂入りは計207人となった。競技者表彰のプレーヤー表彰は、当選に必要な得票率(有効投票数の75%)に届いた候補者がいなかった。

 田淵氏は法大で東京六大学リーグ歴代2位の通算22本塁打を放ち、1969年にドラフト1位で阪神に入団。1年目からレギュラーを獲得し、捕手として初めて新人王に輝いた。毎年のように大きなけがや病気に苦しみながらも、72年から5年連続で30本塁打以上をマーク。75年には43本塁打で王貞治(巨人)の14年連続本塁打王を阻止し、初の打撃タイトルを獲得した。78年オフにトレードで西武へ移籍。82、83年のパ・リーグ優勝と日本一に貢献し、84年に引退した。通算成績は1739試合に出場、打率・260、474本塁打、1135打点。

 引退後は90-92年にダイエー(現ソフトバンク)の監督を務め、2002、03年は阪神、07、08年は北京五輪日本代表、11、12年は楽天でコーチとして親友の星野仙一監督(故人)を支えた。1977年に連載が始まった人気漫画『がんばれ!! タブチくん!!』(いしいひさいち作)のモデルでもある。

 前田氏は60年に慶大の監督に就任し、65年までの6年間で3度の東京六大学リーグ優勝を果たした。82年に復帰し、93年までの12年間でリーグ優勝5度。退任後は日本学生野球協会などの役員を歴任した。石井氏は早大で通算21勝を挙げ、54年秋には首位打者を獲得。25歳で監督に就任し、58-63、88-94年の計13年間で4度のリーグ優勝に導いた。監督時代は猛練習で選手を鍛え、「鬼の連蔵」の異名を取った。

 2歳違いの両氏は同時期にライバル関係にある両校で監督を務め、前田氏が30歳、石井氏が28歳で迎えた60年秋の「早慶6連戦」(リーグ戦3試合と優勝決定戦3試合)は、伝説として語り継がれている。

  • 野球殿堂入りが決まり、故星野仙一氏のレリーフ前で撮影に納まる田淵幸一氏=東京・文京区の野球殿堂博物館(撮影・斎藤浩一)
  • 巨人戦で本塁打を放つ阪神時代の田淵幸一氏=1973年6月、後楽園