2020.1.14 15:01

平野佳寿、オリ入りのジョーンズを絶賛

平野佳寿、オリ入りのジョーンズを絶賛

特集:
平野佳寿
母校の京産大を訪れた平野佳寿

母校の京産大を訪れた平野佳寿【拡大】

 米大リーグ・ダイヤモンドバックスで2018、19年と活躍した平野佳寿投手(35)が14日、母校の京産大(京都市北区)が第一線で活躍している卒業生を顕彰する「サギタリウス賞」を受賞。同大学を訪れた平野は、オリックスが獲得した新外国人選手のアダム・ジョーンズ外野手(34)について「日本の野球に順応できるタイプで、大活躍する」と、“太鼓判”を押した。

 昨シーズンまでの同僚、ジョーンズについて「アメリカでも結果を出したすごい選手。でも、気を遣わずに接することができる気さくもある」とメジャー通算282本塁打を誇るスター選手の印象を語った。

 さらに「日本の野球に順応できるタイプの選手。彼が順応すれば、大活躍する。若い選手はどんどん、彼に話しかけてほしい。彼もそれを望んでいる。(オリックスは)いい選手を獲った」と続けた。

 自身については、チームとの2年契約が終了し、新天地を模索中。「代理人からの連絡を待っている状態で、1年でも長くアメリカでやりたい。日本球界復帰は考えていない」とした。