2020.1.11 12:52

東大が練習始め、井手監督「まず1勝できるようにしたい」/東京六大学

東大が練習始め、井手監督「まず1勝できるようにしたい」/東京六大学

東大・井手監督(後方)の前で、笠原主将がスローガンとして掲げる『挑戦』を白のペイントで“書き初め”(撮影・赤堀宏幸)

東大・井手監督(後方)の前で、笠原主将がスローガンとして掲げる『挑戦』を白のペイントで“書き初め”(撮影・赤堀宏幸)【拡大】

 東京六大学野球の東大は11日、東京・本郷のグラウンドで練習を開始した。近くの根津神社への参拝前に、主将の笠原健吾内野手(3年)が創部101年目を迎えるのに合わせたスローガン『挑戦』を大きなシートに白のペイントで書き込んだ。参拝後に練習に入った。

 今季から指揮を執る井手峻監督(75)は、「打率・250、防御率3点台をめざし、まず1勝できるようにしたい」と話し、A(1軍)だけでなくB(2軍)のオープン戦を昨年よりも増やしていく考えを示した。