2020.1.11 03:00(1/3ページ)

PL学園、野球部復活か 桑田OB会長が11日注目発言!?

PL学園、野球部復活か 桑田OB会長が11日注目発言!?

マスターズ甲子園で力投する桑田氏。OB会長として大仕事をしそうだ

マスターズ甲子園で力投する桑田氏。OB会長として大仕事をしそうだ【拡大】

 春夏の甲子園で通算7度の優勝を誇るPL学園高の硬式野球部が復活する可能性が10日、浮上した。2016年夏の大阪大会から休部状態だった。11日に大阪市内で開催される野球部OB会総会で、教団側と折衝していた桑田真澄会長(51)が今後の方向性について注目発言をするとみられる。

 「1・11」-。一度は閉ざされたPL学園野球部の扉が、再び開けられるかもしれない。大阪市内のホテルに桑田OB会長らが集結する。開催されるOB会総会で、休部状態から何らかの方向性が示される可能性が出てきた。

 「前向きになるよう、頑張ってやるようにしてきた」

 4年ぶりの復部に向け、あるOBが一定の手応えがあることを明かした。今年は学校創立65周年。春夏の甲子園で通算7度の全国制覇を誇る名門の第2章が始まるか-。

 PL学園は2013年に部内暴力により6カ月の対外試合禁止処分を受け、当時の河野有道監督が引責辞任。それまでにも部員間の暴力やいじめなどが相次ぎ、教団側が野球部の存続について態度を硬化させた。14年秋に新入部員の募集停止で休部の動きが発覚。16年7月を最後に休部となった。

 教団側を動かしたのは昨年1月にOB会長に就任した桑田氏だった。昨秋の「マスターズ甲子園」にOBチームを結成。野球部の活動再開に向けた第一歩であると同時に、桑田氏は母校を訪れたときに、教団側にも報告する機会があった。

【続きを読む】

  • 「マスターズ甲子園」でPL学園の人文字が復活。多くのOBらが駆けつけた