2020.1.10 05:03(1/2ページ)

DeNA・梶谷、“新呼吸法”で定位置獲る!「右肺や左肺、背中に息を入れるような感じ」

DeNA・梶谷、“新呼吸法”で定位置獲る!「右肺や左肺、背中に息を入れるような感じ」

異色のトレーニングを行っていたことを明かした梶谷。“新呼吸”を武器に定位置を奪還する (撮影・湯浅大)

異色のトレーニングを行っていたことを明かした梶谷。“新呼吸”を武器に定位置を奪還する (撮影・湯浅大)【拡大】

 異色トレーニングで復権だ! プロ14年目を迎えたDeNA・梶谷隆幸外野手(31)が9日、神奈川・横須賀市の2軍施設を訪れ、今季から“新呼吸”を取り入れてレギュラー奪還に臨むことを明かした。

 プロ14年目となる今季に“新呼吸”で臨む。梶谷が、このオフに新たな呼吸法を取り入れ、手応えを得ていることを明かした。

 昨年末、知人の紹介で大分・佐伯市の鍼灸治療院、ジムでトレーニングしていたが、そこで「もともと興味もあったし、トレーナーさんからけが防止になる」と勧められたのが、新たな呼吸法だった。軸となるのは、鼻から吸って口から吐く腹式呼吸。吸った息を「右肺や左肺、背中に入れるような感じ」で続けると、体の反応に変化が起きたという。

 もちろん自在に息の導線をコントロールできるわけではないが、意識するだけで違いがあるという。「例えば肩は、ストレッチをしなくても呼吸だけで柔らかさが出てくるんです。その呼吸をやってからと、やる前とでは硬さの差が顕著に出た」と証言する。

【続きを読む】