2020.1.9 05:03(1/2ページ)

ロッテD1・佐々木朗、“筋肉事典”と監督著書も携えプロ意識高く入寮

ロッテD1・佐々木朗、“筋肉事典”と監督著書も携えプロ意識高く入寮

特集:
2020新人情報
新たな自分の部屋に入った佐々木。同級生の寄せ書きが入った大船渡高のユニホームなどを持ち込んだ (撮影・山田俊介)

新たな自分の部屋に入った佐々木。同級生の寄せ書きが入った大船渡高のユニホームなどを持ち込んだ (撮影・山田俊介)【拡大】

 ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)=岩手・大船渡高=ら新人選手が8日、さいたま市のロッテ浦和寮に入った。最速163キロ右腕は入寮に際し、自ら購入したという書籍『プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典』(ナツメ社、荒川裕志著)を持参。早くも高いプロ意識を見せ、初めての寮生活をスタートさせた。

 テレビカメラ7台、約70人の報道陣に迎えられた佐々木朗は、入り口で深々と一礼した。生まれ育った故郷・岩手を離れ、初めての寮生活。強い覚悟を持って、プロの世界に飛び込んだ。

 「すごく不安な気持ちと、これから野球を思う存分できるという楽しみな気持ち。いつでも野球ができるので、たくさん練習したい」

 井口監督の著書とともに持参した書籍に、プロとしての自覚が垣間見えた。高校野球引退後に自ら購入したという、1650円の“筋肉事典”。各筋の特徴、性質が計271ページにもわたって記されている。佐々木朗は「どの場所にどんな筋肉があるのかを知っていれば、トレーナーさんと話すときもスムーズに進むと思うので」と、選択した理由を明かした。

【続きを読む】

  • 佐々木朗希が寮に持ち込んだ書籍=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 名札をボードにかける佐々木朗希=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 名札をボードにかけるロッテ・横山陸人=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • マットレスを手に取材に応じるロッテ・横山陸人=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 名札をボードにかけるロッテ・福田光輝=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 空気清浄機を手に取材に応じるロッテ・福田光輝=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 名札をボードにかけるロッテ・本前郁也=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 色紙を手に取材に応じるロッテ・本前郁也=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 名札をボードにかけるロッテ・植田将太=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • ミットを手に取材に応じるロッテ・植田将太=さいたま市の千葉ロッテマリーンズ寮(撮影・山田俊介)
  • 浦和寮に入寮したロッテD3位・高部瑛斗は、こだわりの独特な靴下を披露